QuadLock クアッドロック衝撃吸収ダンパーを他社スマホホルダーに流用してみる

クアッドロックダンパー DIY

バイクのスマホホルダー界隈で話題になり、一時は品薄状態が続いていた
クアッドロックの衝撃吸収ダンパーですが、

ネットのインプレ記事などを
見ていると、どうやら六角ボルトの径が合えば流用できそうでしたので

手持ちのホルダーに付けられるかも! と見切り発車でポチってみました。

※このブログの内容は正規の使用法ではないので、真似される方はくれぐれも
自己責任にてお願いします。

早速開封
本体・六角レンチ・説明書です

衝撃吸収ダンパー内容物

取り付けるのはこちらの MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S]
※以下「ミノウラ」と呼びます。 


久しぶりにAmazonで検索してみたら 5,480円(2021/7/19現在)に!
確か1,732円で購入したのですが…


今やこちらの方がプレミア価格になっています。

ミノウラ スマホホルダー

ダンパーに付属の六角レンチのサイズがピッタリだったので、
ミノウラをばらしていきます。


この時点でもう「イケる」予感しかしません。

ホルダー部、角度調整固定用スペーサー、マウント部

ミノウラ分解

ミノウラのマウントに六角レンチでダンパーを取り付けます。


ネジの水色部分はネジロック剤でしょうか
しっかりした作りです。

マウントに取り付け ネジロック剤

上から見るとこんな構造になっています。


ダンパーの上部はネジ受け、下部にマウントを取り付ける六角ボルトが仕込まれている
感じですね。


このおかげで、別途長い六角ボルトを購入しなくて済みます。


実は購入前に心配していたのはこの部分だったのですが、杞憂に終わりました。

ダンパー上部

無事に取付完了です。


(この状態では180度逆さまなので後で修正しました)

ミノウラにダンパー付きました

こちらのスペーサーはミノウラのマウントに合わせた凸凹があり
ボルトの掛りが少なくなってしまうので使用しませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました