スイフトスポーツ(ZC31S)のウインドウォッシャーノズルを交換しました

ハイパーソニック DIY
スポンサーリンク

スイフトスポーツ純正のウォッシャーノズルはウォッシャー液を無駄にするような感じがしたので、交換しました。

最初は日本メーカーのミツバサンコーワにしようと思いましたが・・・

ミツバサンコーワ
¥2,717 (2022/12/30 17:09時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

人柱覚悟で、変わり種をチョイス。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

”ハイパーソニック”の名前と値段の安さにつられて購入しました。

ハイパーソニックが届く
スポンサーリンク

取り付けます

まずはボンネットインシュレーターを取り外します。

ボンネット裏の黒いヤツです。

ボンネット裏

プラスチックのクリップをリムーバーで外していきます。

クリップを外す

最初はインシュレーターを半分外した状態で作業しましたが、効率が悪いのと、周りに黄色いゴミが散乱するので、全部外しました。

外したインシュレーター。黄色の防音材?が曲者でした。

外したインシュレーター

至る所に黄色いカスが・・・もちろん作業する僕も同様です。

インシュレーターを外すと純正のウォッシャーノズルとホースが見えるのでジョイントを手で引き抜きます。力は要りません。

ホースジョイント

引っこ抜きました。

ホースを引っこ抜く

ジョイントを引っこ抜くと純正のウォッシャーノズルだけになりますので、手でつまんでボンネットの表側に押しやると外れます。

ジョイントを外したウォッシャーノズル

外れました。

純正ウォッシャーノズル

説明書きを頼りにハイパーソニックを取り付けます。

ハイパーソニック説明書き

取り付け自体は簡単なのですが、位置決めが大変です。付属の角度が付いた樹脂ワッシャーを駆使して試行錯誤します。

仮止め→エンジン始動→ウォッシャー液噴射を幾度となく繰り返すうちに、ウォッシャー液が底をついたので、近くの自販機にて水を購入。なんとか位置は決まりましたが、この作業が面倒すぎました。

付きました。もうやりたくないです。

ハイパーソニックが付きました
ホースをつないだ様子
左右に付きました。
ハイパーソニック!

感想など

結局、自販機で買った水も無くなったので、急遽ホームセンターでウォッシャー液を購入しました。先にネットで買っておけばよかった・・・

ソフト99(Soft99)
¥455 (2022/12/30 18:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ガラコウォッシャー液

ガラコのウォッシャー液は粘性が高いようで、若干勢いが弱くなりました。減ってきたら水を追加しようと思います。

肝心の ”ハイパーソニック” ですが、確かに拡散しますよ。”マイルドシャワー” って感じですが・・・純正よりは良いです。

調整の大変さも含めて、素直にミツバサンコーワさんのモノを買った方が良かったと思います。

ミツバサンコーワ
¥2,717 (2022/12/30 18:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

もう買いなおす気力は無いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました